日本のカジノディーラーとして働くための学校!専門育成スクールとは?

日本でもカジノ法案が制定され、2024年を目安として設計が進められています。

日本ではカジノ=ギャンブルととらえられることが多いですが、カジノのディーラーは世界各国で花形職業と、とらえられることが多いのです。

海外のカジノではホール技術職で年収440万ほどで、マネージメント職になると年収1,000万を優に超える収入を得ることができるのです。

 

日本でも2024年の開業に向けて、約10万人もの採用が見込まれています。

ではどうやったらカジノで働くディーラーになれるのか?

カッコイイカジノのディーラーになるための養成学校に行くことが1番の近道となっています。

 

ディーラーを養成する、日本カジノ学院では、カジノに対する知識や経験のない方でもゲームルールからディーリングなどの技術はもちろん、IR関連の専門知識も学べる様々なコースをご用意しています。

現在は渋谷本校・四谷校・大阪校・名古屋校・福岡校・札幌校があり、近日には横浜校、池袋校、沖縄校が開校予定です。

そして1年以内に新宿校、千葉校も随時開校予定となっており、現在海外で活躍するディーラーを輩出している学校です。

 

カジノで働くうえで必須な英語もECCと日米語学院と提携を行っているので、日常会話のみならず専門的な英語やネイティブな英語を学ぶことが可能となっています。

 

  • ディーラーに必要な技術を1から指導
  • 随時入学可能な個別指導
  • ゲームルールからリーディングまで専門技術を学べる
  • 全国展開の学校数
  • ネイティブな英語が身につく
  • これからの新業種で働ける
  • シンガポール、ベトナム、フィリピン、カナダ、ニュージーランドなど進路が豊富
  • リーズナブルな学費設定


 

目次

今まで日本に無かった新しい職業カジノディーラーを目指そう!かっこいい仕事でなりたい業種ランキング上位になること間違いなし

2020年以降に向けて、日本にも初めてのカジノができます。

そこでプロの技術職として新しい職業の「カジノディーラー」が誕生します。

日本カジノ学院はプロのディーラー養成専門学校として、全国に学院を展開しております。

海外では、「手に職」の技術者としてなりたい職業ランキングの上位にくる人気の職業ですが、日本ではまだイメージも良くないので、実は新しい職業として今気づいた人がプロのディーラーという仕事のリーダーになれるチャンスの時なのです。

日本カジノ学院では、カジノ知識・経験のない方でもゲームルールからディーリングまで、更には専門的技術・知識を学べる様々なコースをご用意しています。

学校授業はお1人おひとりに合わせたプログラムが作れます。

現在、全国に展開を予定しているので、お近くの学院を選んでいただけるようになります。

 

日本ではまだ馴染みのない「カジノディーラー」ですが、世界では人気の職業です。

これからの職業、これからのあなたを日本カジノ学院は応援します。

 

これからの時代カジノディーラーは安定した高収入とかっこいい職場でキャリア経験としても人気が高い職業です。

ただ、日本では国内にカジノが無いこともあり、就職の仕方を探すのがちょっと大変でしたが、日本カジノ学院なら求人も多数送られてくるのでカジノディーラーとしての第一歩目を踏み出しやすいのです。


カジノディーラーになろう!転職にもおすすめなIR施設(統合型リゾート)のホワイトな職場で仕事での働き方を見直そう

最近、ブラック企業と言う言葉が多く聞かれ、休みがない・残業が多いなど働き方を見直す方も多いでしょう。

そんな中、IR業界(統合型リゾート)について紹介します。

 

IR(統合型リゾート)とは?カジノ以外にもさまざまな施設がある

IRとは、カジノのほかホテルや劇場、国際会議場や展示会場などのMICE施設、ショッピングモールなどが集まった複合的な施設のことです。

Integrated Resortの頭文字の略で統合型リゾートとも呼ばれるおり、21世紀に入ってから日本でもラスベガスやマカオ、シンガポールのような集客施設を作り、国際観光推進に役立たせたいとの動きが出てきておりその効果が実証されています。

 

日本国内でも、2002年に超党派の議員連盟が発足し、2013(平成25)年、2015(平成27)年にカジノ解禁を柱とした「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法案)」が国会に上程されました。

2016(平成28)年「IR推進法」が成立、2018年4月には「IR実施法案」が閣議決定、同年7月20日に成立しており、現在2020年以降のカジノを含むIR(統合型リゾート)の建設が進められています。

 

IR(統合型リゾート)の中でも人気職のカジノディーラーの仕事内容とは?しっかりと部門分けされた分かりやすいキャリア構造

 

IR施設(統合型リゾート)内にはたくさんの職業で働く人がいます。

直接雇用だけで1つのIR施設(統合型リゾート)で約1万人、100種類の仕事があるといわれています。

その中でもカジノディーラーという職種は施設内の中核を担う存在です。

 

一般企業と同じで人事や営業といった本部の仕事に加えて、IR(統合型リゾート)としてのホテル部門、エンタテイメント部門、セキュリティー部門、そして要となるカジノ部門など様々な部門に分かれています。

 

カジノ部門では大きく分けて、ゲーミング部門・ケージ部門(会計)・サーベイランス部門・セキュリティー部門の4つの部門があり、カジノディーラーという仕事は、ゲーミング部門において、テーブルゲーム課に属しています。

 

そしてカジノの現場はディーラーから始まり、様々な職種を経て最終的にはカジノ全てを統括する管理者まで、きれいなピラミット構造となっています。

そのため、キャリアアップするには現場を経験するカジノディーラーという仕事が大切なのです。

カジノディーラーに必要な知識はカジノIR施設で働くに際して必要最低限の知識なのです。

 

多くのIR施設の売り上げの中核をカジノが担っているという意味もありますが、ある大手IRオペレーション企業では、ほとんどの仕事の管理職は、必ず現場でカジノディーラーを経験していなくてはいけないという決まりがあるくらいです。

そのため、そのままカジノの中で上を目指す人もいれば、カジノのディーラーの知識だけ勉強しIR施設の他職種へのキャリアアップを考えている人もいます。

いろんな仕事の管理職の人を見るとカジノディーラーだったという人が多いからこそ、カジノIR施設における要といわれているのです。

日本カジノ学院では学院を卒業して就職が決まった際には「仕事を始めるのではなく、人生のキャリアを始める」という考えを皆さんに伝えています。

 

カジノディーラーとしての経験はIR施設(統合型リゾート)内のすべての職種に直結するキャリアとなる大切な経験となるのです。



 

カジノに就職する方法とは?ディーラー学校の卒業認定証がカギになる!

 

カジノディーラーは海外でも人気職なため、様々な学校が各国にあります。

専門学校や4年生の大学にカジノ専攻やCertificated program、エンターテインメント管理学、などでカジノディーラーについてや、フロア管理者、不正監視者など、カジノの現場に必要な専門的技術と知識を学んでいきます。

 

学校を卒業後、学校や協会の出している認定書や卒業資格によって優劣がある国もあります。ラスベガス等ではダウンタウンなどのカジノを経て、徐々に高級ホテルのディーラーにランクアップしていくのが一般的ともいわれています。

また面接では、一般的な就職面接に加え実技の審査がある場合もあります。

 

ワーキングホリデー等で日本人がカジノディーラーとして働ける国もあるが、日本人が海外で働くにはビザの申請に加え、実技試験や必要資格があり断念したという方も多いです。

 

日本カジノ学院で技術を学ぶメリット!日本国内のみならず世界のカジノにも通用する?海外研修付きのコースもある

まず働く前に技術を学ばなくてはいけません。現在の日本では多くのアミューズメント施設があります。

アミューズメント施設で働くとなると、店舗の研修としてカジノのディーリング技術を学ぶことが出来る所もありますが、やはりまずは学校でしっかりとした技術を学ぶことで、カジノ内のあらゆるゲームに対応できるようになることが重要になってきます。

カジノ専門学校で技術を学ぶメリットとデメリットを紹介します。

 

日本カジノ学院で専門的な技術を学ぶメリットとは?

学校の技術は世界共通の基準技術のため、海外のカジノでの注意点などゲーム内容以外の細かいところまで学ぼうと思うとやはり学校に通うのが1番正しい知識が身につきます。

 

  • メインとなるゲームが全て学べる

日本カジノ学院ではカジノ内に設置されているゲームのほとんどについてを技術的に学ぶことができます。

カジノディーラーになるとさまざまなゲームへの対応性を求められるので、しっかりとゲームルールからディーリングまで覚えることができます。

 

  • カジノ業界についても学べる

カジノ業界と聞くと日本ではアンダーグラウンドなイメージがありますが、世界的には全くそんなことはなく、リゾート施設やホテルにはだいたい付いているというイメージです。

情報を手に入れるのは早ければ早いほどいいのですが、日本の風習的になかなか難しいのですが、日本カジノ学院では最新のトレンド情報を手に入れることが可能となります。

 

日本カジノ学院で専門的な技術を学ぶデメリットとは?

デメリットと呼ぶほどのものではないのですが、技術職でIR(統合型リゾート)の現場に出るための学校のため授業のレベルが高くとても厳しいものとなっています。

 

しかし、完全未経験の方でも1からしっかりと教えてくれるので、経験の有無はあまり気にしなくて大丈夫です。

 

日本カジノ学院で専門的なディーラー技術を学ぼう!日本で唯一の全国展開の無料オープンスクールへ行こう

ディーラーを目指すにしてもまずはどんな学校なのかを見てから決めましょう。

日本カジノ学院では入学から就職先までしっかりとサポートをしてくれます。

 

【カジノディーラーのなり方】随時入学可能で回数制の個別授業が人気の秘密

日本カジノ学院では1人ひとりに合わせたペースで授業を行っています。

授業に来るのは生徒のスケジュール次第。土日・平日関係なく通う事が出来ます。

年末年始以外は決まった休みはありません。(イベント・社内研修等の理由で休みとなるときはあります)

 

授業は毎回5~8人程度のグループですが、生徒2~3人に対して1人の先生が必ずついています。

また1レッスン2時間半あり、途中苦手な部分や個人の進捗状況に応じてマンツーマン指導も入ってきます。

例えるなら「自動車教習所」と同じような通い方です。自分が来れるときに受講する事が出来、通学のペースも人それぞれ。

当日来校したときに、その人の進み具合に応じて授業内容が決まります。

ですので、授業についていけるか不安・・・。と言う心配はいりません。

回数制の為、早い人は2か月程度で全て終了する方もいれば、大学や仕事と両立させながら6か月~1年通う生徒さんもいます。

カジノディーラーの技術を学ぶ上で一番のネックは家での自主練があまりできないという事です。

日本カジノ学院では在校中・卒業後も自由に教室を使って自主練をする事が出来ます。

人数の兼ね合いもあるため、事前に予約は必要ですが教室の物品を使用し気軽に毎日自主練でき、授業前や授業後も練習できるため、技術の向上が早いです。

 

【カジノディーラーのなり方】日本カジノ学院はカジノディーラー育成スクール・学校数が国内1位!福岡など地方都市にもあります

日本カジノ学院は現在唯一全国展開を行っている学校です。

現在は渋谷本校・四谷校・大阪校・名古屋校・福岡校・札幌校があり、近日には横浜校、池袋校、沖縄校が開校予定です。

 

そして1年以内に新宿校、千葉校と随時開校予定です。今後も全国各地に学校を増やす予定の為、飛行機や新幹線で通学したり、わざわざ部屋を借りる心配はありません。

 

どの学校でも情報や技術力を共有・周知・カルテ管理しているため、しっかりとした授業を受けることが出来ます。

また仕事やプライベートで引っ越しをしても最寄りの学校へ転校できます。日本カジノ学院はどの学校でも自由に学べます。

 

こういった専門性の高い学校は関東地区に固まっていることが多いのですが、福岡などの地方都市にもあるのは若者にとって非常に助かります。

【カジノディーラーのなり方】豊富な進路で国内外の就職が可能

卒業後の進路として、シンガポール、ベトナム、フィリピン、カナダ、ニュージーランドなど日本人が働けるカジノで働く事が出来ます。

カジノによっては日本で面接をする事が出来るため、日本語で日本人が対応してくれます。

また、日本カジノ学院卒業生にしか知ることの出来ない求人もあります。

日本カジノ学院は卒業後に当社員として働きたいという方を随時募集しています。

全国展開しているため、希望の勤務地でしっかりとした社員としてカジノに携わることが出来ます。

現在は海外でカジノディーラーとして働いていた方、船の中や各地にあるアミューズメントカジノでアルバイトをしている方、イベント派遣スタッフだった方などが正社員として働きたいと応募が増えています。


カッコイイ技術職!カジノディーラーに就職して活躍しよう

 

カジノディーラーはかっこいいイメージを持ちますが、それは日本国内だけではなく海外でも同じでとても人気の高い職業となっています。

 

現在の日本での人気な業種である、美容師やバーテンダーなどのかっこいいの代名詞である職業に変わる可能性の高いカジノディーラーという職業に今のうちから目を付けておいてみてはどうでしょうか?