ゴルフの新ルールとは?2019年から大改訂!

2019年から全世界で施行されるゴルフの新ルールは、100年に1度の大改訂ともいわれるほどの「スピードアップ」と「ゴルフファン層の底辺拡大」を目的としたものです。

計測機器が使用可能となったり、不要な罰打を無くしたりと上手な人のみならず、初心者ゴルファーにもメリットが多くなっています。

 

初心者の方も今回のゴルフルール改正によりベストスコアを出せるかもしれません。

まずはスコア100切りを目指して練習を進めつつ、改正後の新ルールを頭に入れて脱初心者ゴルファーを目指しましょう。

 

この記事では2019年の重要な改定ポイントについて解説していきます。

初心者のスコア100切りのためのトレーニングについてはおすすめ記事をご覧ください。


目次

知らないと損をするゴルフの新ルール!バンカー内の草や枝・石は取り除くことができる

これまではバンカー内のルースインベディメント(葉・枝・石・土の塊など)は触ることができませんでした。

しかし、今回のゴルフルール改正により無罰で取り除くことができるようになりました。

 

注意点としては、取り除く際にボールが動くと1罰打で元の位置に戻さなくてはいけないので、細心の注意を払って石などの障害物をどけるようにしましょう

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!バンカー内のボールは2罰打で外に出せる

バンカー内でボールを打てないとアンプレヤブルを宣言した場合

  1. 元の位置から打ち直す
  2. 後方線上にドロップ
  3. 2クラブレングス以内にドロップ

この3つの救済を選択でき、いずれも1罰打でバンカー内でのドロップだったのですが、今回のゴルフルール改正で新たな選択肢が加わりました。

 

新しいバンカー内での行動は、2罰打でボールとホールを結んだ後方線上のバンカー外にドロップできるという新ルールです。

バンカーが苦手な初心者ゴルファーにとっては画期的な救済措置といえるでしょう。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!OBや紛失球(ロストボール)は周辺から2罰打で打てる

OBや紛失球になった場合、従来は元の位置に戻って打ち直さなくてはなりませんでした。

OBの場合は信仰優先のために、前進4打のローカルルールを設けるゴルフ場もあったが、今回のゴルフルール改正で前進2打が提案されている。

試合や競技大会では適用されないが、エンジョイゴルフでは救済法としてプレーが続行できるのです。

 

あくまでスピードアップが目的であり、ドロップエリアはラフとの境界線から2クラブレングス以内のフェアウェイと、好条件からの続行が可能となるので、初心者向けのルールと言えるでしょう。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!ドロップは膝の高さからでOK

従来ドロップは「肩の高さにボールを持って、腕を伸ばした状態」からだった。

これが「膝の高さから真下に落とせばいい」ことになり、前屈みにでも立て膝でも問題なく、立った時の膝の高さから落とせばいいことになりました。

 

肩の高さから落とすよりボールの転がりが少なく、狙った場所に落としやすくなったことにより、ドロップしたボールがディボット跡やくぼみに転げ落ちたり、ラフやバンカーに埋まるようなトラブルを避けることができます。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!自打球は1罰打から無罰になった

林の中から打ったボールが木に当たって跳ね返り、あなたの体やクラブ・共用カートなどに当たると1罰打が課されていましたが、新ルールでは当たることが予測できなかったと判断されると無罰となります。

 

プレーはボールが止まった場所から続行可能ですが、あくまで予測ができなかった時の措置なので目の前にあるカートに当たった場合は1罰打となるので、注意が必要です。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!地面に食い込んだボールは無罰で救出できる

ジェネラルエリアの地面に食い込んでいるボールは、無罰で救出(ドロップ)できるようになりました。

従来のルールでは、フェアウェイに限られていましたが、ラフなどにも広がったことでスコアアップが期待できます。

 

ラフでは芝が挟まっていてもボールの一部が地面より下に食い込んでいれば救済が受けられます。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!距離計測機器が自由に使用できる

これまでローカルルールで認められている以外は使用できなかったピンまでの自動計測機器の使用が自由にできるようになりました。

 

逆にローカルルールでは使用を禁止できるため、大会などに参加する場合は事前に確認しておいた方がいいでしょう。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!ボールを探しているときに偶然動かしてしまっても無罰に

ラフに打ち込んだボールを探して、誤って自分のボールを蹴ってしまうケースがありますが、今までのルールではボールを動かすと1罰打が課されていました。

 

今回からの新ルールでは無罰で元の位置に戻してリプレースできるようになりましたが、逆にリプレースせずにプレーを続行してしまうと2罰打になりますので、要注意です。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!ペナルティーエリアでもクラブを地面につけられる

ペナルティーエリア(ウォーターハザードに代わるエリア)でのルールが緩和されました。

クラブを地面につけたり、ルースインメディメントを取り除くことができるようになりました。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!ボールを拾い上げて確認するための告知が不要に

スピードアップのためにマーカーや同伴競技者への告知確認作業が不要になりました。

 

ルールは緩和されましたが、個人の誠実性が厳しく求められるようになったため、しっかりとフェアプレーでのぞみましょう。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!リプレースする場所が明確でない場合はその個所を推測して置ける

偶然動かしてしまい、リプレースする場所がわからなくなってしまった場合、今までのルールではドロップすることになっていました。

 

しかし、新ルールではプレイヤーが推定する場所にリプレースしてプレーができるようになりました。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!旗竿を立てたままパットができる

グリーン上のボールが立てたままの旗竿に当たってしまった場合、今までのルールでは2罰打が課せられていましたが、セルフプレーの時間短縮などの目的で、旗竿を抜かずにプレーすることができるようになりました。

 

立っている旗竿にボールが挟まってしまったときはボールの一部がグリーン面より下にあればカップインとみなされるようになりました。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!自然に動いたボールは無罰で元の位置に戻せる

マークしたボールをリプレースする前後にうっかり動かしてもこれまでのような1罰打がなくなり、無罰で元の位置に戻せるようになりました。

 

ただし風や傾斜で自然に動いてしまった場合は、マークを置く前ならボールが止まった位置から続行できます。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!スパイクマークによる傷は無罰で直せる

これまでライン上で直せるのは、古いカップの埋め跡とボールが落下してできたボールマークだけでした。

今回の新ルールでは、スパイク跡や芝の毛羽立ちもパターのソールなどで修正ができるようになりました。

 

知らないと損をするゴルフの新ルール!2度打ちが無罰に

ラフでザックリ打ち損ねたボールがクラブに当たる2度打ちは今まで1罰打が課されていました。

今回の新ルールからは無罰となり、ボールが止まった場所からプレーを続行することになりました。

 

プレイヤーはボールを打つために行った1ストロークをカウントするというシンプルな考えに変わっていきました。

 

ゴルフ人気が急上昇中!一人ゴルフであなたの予定や志向優先で自由にプランが選べる

現在ゴルフ人口は減少しており深刻な問題となっていますが、1人でゴルフのラウンドが予約できるサービスが始まっており、人気の再燃が予想されています。

前日でも予約が可能なほか、一緒にホールを回る予約済のプレイヤーの年齢や腕前も事前に確認できるので仲間と時間を合わせる必要も同伴者に必要以上の気を使う必要もないと人気が高まっています。

 

会員数の多いゴルフのサイト「1人予約ランド」では独自の付加価値を用意しており、ツアープロと一緒にラウンドを回れるサービスなども始めています。

これからのゴルフ人気にともなって、まずはスコア100を切り、脱初心者ゴルファーを目指しましょう。