卒業旅行や就職に運転免許のおすすめ!格安短期間で免許の取れる人気合宿免許のおすすめ

学校の卒業旅行や就職での車の利用と生活環境によって運転免許は必須になることが多いです。

特に就職で営業などの職業につかれる方は、車での営業回りなどもあるので免許の取得が必須になってきます。

今すぐに車を使う予定がない方も、いつ運転が必要になるかわからないですし身分証明書にもなるので、時間がある時期に格安かつ短期間で取得が可能な合宿免許での運転免許の取得をおすすめします。

学生さんには割り引きが効いたり、春休みに短期間で免許が取れたりと卒業旅行に向けての準備にもピッタリです。

最短14日で運転免許の取得ができるのは合宿免許ならではです。

もちろん宿泊費・交通費・食費もセットになった料金設定で、ウェブからの申し込み割り引きやカップル割り引き、学割や早割りとたくさんの割り引きが使えるので、かなりお得になっています。

 

全国の合宿免許試験場の検索はこちらからどうぞ

早くて安い!運転免許の取得を予約をするなら合宿免許センターわかばがおすすめ



合宿免許の予約センターわかばは、格安で早く免許を取れる合宿免許センターの情報案内サイトです。

北海道から沖縄まで、全国の公認教習所を掲載しており価格を重視しているので、早割り・学割り・グループ割りなどプランも豊富にそろっています。

また女性限定のレディースプランや、同室で宿泊できるカップルプランなども人気が高いようです。

運転免許が20万円を切って取得できるのは合宿免許ならではの価格で、ほかの割り引きとの組み合わせ次第ではさらに安くで運転免許を取得することも可能となります。

 

教習所の場所によって特典は違ってきますが、温泉・バイキング付きの教習所や冬はスキー・スノーボードができる教習所、夏は海水浴ができる教習所などカップルでのお泊りデート感覚での利用もアリだと思います。

必至に空き時間を作って教習所に通うより、まとまった時間を取って合宿免許で楽しく安く免許取得したほうが思い出にも残っていいのではないでしょうか。

 

いまならインターネットからの申し込みでの割り引きもあるので狙っていきましょう。

また急な用事でのキャンセルも入校日21日前までは無料なのも安心できるポイントになっています。

 

ここがすごい!合宿免許センターわかばのおすすめポイント

 

合宿免許センターわかばのサイトでは全国の公認教習所が掲載されており、その時期に合わせたおすすめの教習所を掲載しています。

時間がない方は近場の教習所で最速の免許取得も可能ですし、時間を作ってグループでの楽しい参加はもちろんカップルでの旅行や、1人での参加で友達を作ったりもできるので時間がある方はぜひおすすめで掲載されている地域の教習所へちょっと遠征してみてはどうでしょうか。

夏は海水浴や夕日の景色が綺麗な場所へ、冬はスキーやスノーボードが楽しめる場所へと年間を通して楽しく免許が取れる教習所が目白押しです。

女性に人気のおすすめ合宿プランも多数あります

レディースプラン割り引きもあり、女性1人での入校も人気が出てきています。

その人気の秘訣は宿泊施設にポイントがあります。

各部屋にキッチンセット完備(一部共同のキッチンセットも有)各室バス・トイレ付で、もちろんランドリー(一部共同、浴室乾燥機付きも有)もあります。

周辺にはイオンなど大型ショッピングモールやコンビニ、飲食店などもあるから、いつものライフスタイルそのままに、快適に過ごせるのが魅力です。

 

  • レディースプラン人気の秘訣その1

自営寮からマンションタイプまで種類が豊富に取り揃えられており、レオパレスでの利用や教習所直営の寮では宿泊施設自体が合宿生専用なので一般の方はいないので、目的が同じ仲間と気兼ねなく過ごせます。

自営寮で新しい友達を作って、免許取得に向けて一緒に頑張っていけます。

  • レディースプラン人気の秘訣その2

お友達との同時申し込みで、ツインの部屋から4人部屋まで相部屋での利用もできるので、皆で和気あいあいとすることも可能です。

 

春休みや夏休みなどの長期連休を使って仲間と一緒に修学旅行のように楽しむことも出来ます。

  • レディースプラン人気の秘訣その3

レディースプランは自炊タイプなのでご自身でお食事の準備が必要となります。しかし、宿泊施設には料理いただけるように調理器具(電子レンジ・冷蔵庫・やかん・なべ・包丁・まな板等)は一通りそろっております。

決められた時間などもなく普段の生活のように自由な時間の使い方をできるように気が配られています。

  • レディースプラン人気の秘訣その4

普通車ATで約2週間の合宿生活、着替えなど2週間分は持っていけないので定期的に洗濯などされている方がほとんどです。どの宿泊施設も清潔で快適です。

シャワールームやトイレ等も清潔にされており、女性にうれしい部屋作りになっています。

 

男女同室OKのカップルプランで運転免許とともに大切な思い出作りもできます

一般プランは通常男女別々の宿泊施設もしくはお部屋にお泊りいただくのですが、カップルプランはツインルームやダブルルームをご利用いただき、異性の男女が同じお部屋で宿泊できるプランもあり、恋人同士はもちろん兄妹やご夫婦・友人など、男女2名での利用もできるので大切な方との旅行感覚での免許取得も可能です。

もちろん割引対象にもなりますし、高校生の利用も可能なので、彼氏・彼女と一緒にお泊りデート感覚での利用も増えてきています。

※未成年の利用は保護者の同意が必要です。

 

卒業生の声・合宿免許を利用した方々の口コミ情報

 

卒業生からの口コミ情報もたくさん寄せられており、特に女性の利用が多いように感じられます。

最初は不安が大きいですが利用してよかったという意見が多く、人気が高まっています。

 

女性・最初は合宿に一人で来る不安があったが、職員の皆さんが親切で明るく接してくれたおかげで教習に打ち込むことができました。一緒に入所した合宿生のみんなにも恵まれ、励ましあいながら、楽しく合宿生活を送ることができました。ありがとうございました。
女性・とてもきれいな合宿所で、システムもしっかりしていて安全で楽しく過ごすことができました。とても勉強しやすい環境でした。
わからない事があったら気楽に質問できる環境でよかったです。
男性・県外から合宿免許に参加して不安でしたが、優しくて気さくに声をかけて下さり、皆さんのおかげで楽しく過ごすことができました。また、受付の女性の方も声をかけて下さり元気がでました。
最初は怖いと思っていましたが、的確な指導のおかげで検定に受かり卒業することができました。
教えていただいたことを遵守し、安全運転に努めます。

 

このほかにもたくさんの教習所ごとに卒業生の声が寄せられており、合宿免許での思い出を綴ってあります。

安心して利用できるのはとても重要なことなので、ぜひ参考にしてみてください。

合宿免許あったら便利な持ち物リスト

 

合宿教習に参加する方にとって必ずといっていいほど迷うのが「持ち物」です。

合宿免許は基本ご自宅から遠い地方に行くわけですから簡単には帰れませんので、合宿免許が始まる前に何を持ち物として持って行けばよいか知っていれば良かったなんて声が実際に合宿免許に参加された方の体験談からも聞こえてきます。
滞在中に「あれ持ってくればよかったっ!」って事にならないように、合宿免許の参加に必要な持ち物やあったら便利な便利品リストをお教えします。

 

合宿免許入校時に必要な持ち物(書類関係)・必須書類

  • 本籍地記載の住民票

教習所に入校される本人のみの住民票で、必ず本籍地記載のもの

  • 本人確認用書類

健康保険証・パスポート・住民基本台帳カードのいずれかで、かならず住民票の住所と同じものを

  • 運転免許証(運転免許をお持ちの方のみ)

運転免許証に記載されている住所が住民票の住所と異なる場合、警察署か運転免許センターにて住所変更をおこなってください。

 

合宿免許入校時に必要な持ち物と服装

  • 印鑑

シャチハタは使用できないので、認め印をご用意ください。

  • 筆記用具

運転免許を取得するために学科教習では運転教本をもとに勉強をします。

「鉛筆(シャープペンシルでもOK)、マーカーペン、消しゴム」は最低限必要になり、ノートも予習や復習に便利です。

  • 運転しやすい靴や服装

運転しやすい服や足首を動かしやすいスニーカーなどをが最適です。

肩・胸元・足などの露出が多い服装や、過度なアクセサリー、長い爪、サンダルやハイヒールなどでは教習を受けられませんので気を付けてください。

  • メガネ・コンタクトレンズ(必要な方のみ)

合宿免許で自動車教習所に参加するための入校資格の一つとして視力があります。

視力検査では、裸眼もしくは眼鏡等(メガネやコンタクトレンズ)を使用しても可能です。

  • 着替えと部屋着

普通自動車免許でも2週間以上の滞在となりますので、着替えをお持ちください。

着替えを2週間分も持っていこうとしたら大荷物になるので3~4日分持っていき、現地で洗濯をすることをおすすめします。

ジャージなどの部屋着も忘れないように気を付けてください。

  • 洗面用具

歯ブラシ、歯磨き粉、バスタオル、フェイスタオルなどは教習所の宿泊施設には基本ありません。

ホテルタイプなど常備されている宿泊施設もありますが、お持ちいただいた方が良いと思います。

  • 現金やキャッシュカード

どのぐらいの現金を持っていけばいいかは悩むと思いますが、3食付きのプランであればジュース等を買えるぐらいの金額で充分です。

みなさんの相場は1万円~2万円となっているので参考にしてください。

また別途費用として「仮免許試験受験手数料 1,700円」と「仮免許証交付手数料 1,100円」が必須となりますので注意してください。

 

あったら便利!合宿免許におすすめの持ち物リスト

  • 3股のコンセントタップや延長コード

携帯の充電やパソコンをお持ちされる方はパソコンの充電、男性の方は髭剃り機の充電など家電って結構使います。

意外に盲点なのがコンセントの数なので三股コンセントや延長コードをお持ちすればコンセントで不自由することもありませんし充電切れを心配することもありません。

特に相部屋ではコンセントの争奪戦になりかねないので、安心のためにもお持ちすることをおすすめします。

  • 通学時に使用するマイバック

宿泊施設から教習所への通学時に使用する用の筆記用具などを入れるバックは持っていると便利です。

ノートや資料などが入るA4サイズのものがマストなサイズです。

  • スリッパ

意外と忘れがちですが、必須アイテムともいっていいスリッパです。

施設内を歩き回る際にもすぐにはけて便利ですし、なにより床が冷たいのを回避できます。

  • 薬やばんそうこう等

無いほうがいいのですが、急な体調不良や自炊でのケガをした時などに必要になります。

特に体調不良は免許取得スケジュールに大きく影響するのでぜひ備えとしてお持ちください。

  • 洗濯ネット

宿泊施設内のランドリーを使って洗濯になるので洋服や下着を洗うさいに洗濯ネットがあると便利です。

洗剤も種類がないので、お気に入りの洗剤を持っていくことをおすすめします。

意外と荷物が多くなるので、大きめのボストンバッグやキャリーバッグなどに荷物をつめて行けるようにしましょう。

もし忘れ物があっても必要書類以外なら近くにショッピングセンターがある場所がほとんどなのであまり心配しすぎないようにしてください。

 

格安・最速で運転免許が取れる合宿免許のおすすめ

 

合宿免許ではたくさんの割り引きもあり料金も格安で、さらに最短2週間で運転免許が取れてしまう大変便利なサービスになっています。

もちろん最短で免許をとりつつ1人の参加でもグループでの参加でも貴重な思い出も作れてとてもいい経験になること間違いありません。

今から運転免許を取得するなら合宿免許がおすすめです。