目の下のしわを無くす方法にはポーラリンクルショットがおすすめ!しわができる原因から対策まで解説

顔の中でも人の視線が集まりやすいのが目元です。

よく見られているパーツだけに、目の下にシワがあると一気に老けた印象になってしまいます。

 

  • 夕方になると目の下がシワっぽくなる
  • シワにファンデが入りこんでうまくのらない
  • 最近目の下のシワができてきた気がする

 

そんな方はシワの原因を知って対策しましょう。

放っておくとどんどんシワが深くなっていくので、気づいた時がケアを始めるタイミングです。

 

既にはっきり目の下にしわができている人には、シワ改善コスメがオススメ!

中でもポーラ リンクルショット メディカルセラムは、日本で初めてシワ改善効果を認められたニールワン配合で、話題になっています。

目の下のしわを消すための専用コスメはポーラリンクルショット メディカルセラムだけ!

原因を見ていただき早めのケアを心掛けましょう。



 

目の下のしわはなぜできる?6つの原因を解説

 

【目の下のしわの原因】乾燥によるもの

目の下のは顔の中でも特に皮膚が薄い部分で、潤いを保ちにくいです。

表皮が乾燥すると、角質層の中にある肌の潤いが蒸発して隙間ができてしまいます。

そうするとバリア機能が失われ、さらに乾燥するという悪循環に陥り、乾燥小じわが発生するのです。

また、肌の潤いを保っているセラミドという成分は年齢と共に減少するため、補わなければ年々肌が乾燥しやすくなっていってします。

保湿不足や熱すぎるお湯での洗顔は肌を乾燥させます。

 

【目の下のしわの原因】刺激によるもの

目元の皮膚は薄いため、とてもデリケート。

例えば以下のような、ついやりがちな習慣が刺激となり、シワの原因となります。

  • クレンジングや洗顔で肌をこする
  • タオルでゴシゴシ拭く
  • 強い水圧のシャワーを直接かける
  • かゆくて目をこする

また、クリームなどをつけずに滑りの悪い状態で強くマッサージしたり、メイクをする時に力を入れてしまうことも刺激となります。

【目の下のしわの原因】目の疲れによるもの

まばたきだけでも1日に2万回ほどあり、何もしていなくても目元の筋肉は常に使われています。

その上、現代ではパソコンやスマホの使用による眼精疲労やドライアイが増えています。

長時間テレビを見たり、読書をしたりするのも、目の疲れにつながります。

目が疲れると、目周りの血流が悪くなります。

するとどうなるかというと、酸素や栄養が充分に行き渡らなくなり、たるみ・くすみ・乾燥の原因となるのです。

また、目が疲れてくると、つい目を細めて見てしまいませんか?

目を細めると、目周りにシワが寄りやすくなり、その状態が続くと表情じわとして定着してしまうのです。

 

【目の下のしわの原因】紫外線によるもの

肌の老化の80%は紫外線など外部からの影響、目の下のシワは75%が紫外線の影響と言われているくらい、紫外線の害は大きいです。

中でもUVAは真皮にまで届きやすく、コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞にダメージを与えてしまいます。

肌のハリはコラーゲンやエラスチンによるものなので、それを作る細胞が傷つくと肌の弾力が失われ、シワになりやすくなります。

 

【目の下のしわの原因】筋肉の衰えによるもの

目元の筋肉が衰えると、肌がたるんでシワになります。

筋肉が衰える原因は加齢だけではありません。

目周りの肌を支えている眼輪筋は使うことが少なくても衰えていきます。

 

【目の下のしわの原因】不摂生によるもの

不摂生な生活も、目の下のシワを深くします。

具体的には、以下の項目に当てはまったら要注意です。

  • 寝不足の日が続く
  • メイクを落とさないまま寝てしまう
  • ファーストフードやインスタントばかり食べて栄養バランスが偏っている
  • ダイエットで過度な食事制限をする

また、気づいたら背中が丸くなっていたり、首を前に突き出したりしていませんか?

姿勢が悪いのも、目周りや顔全体がたるむ原因になります。

目の下のしわを消す方法とは?

 

【目の下のしわを消す方法】生活習慣を変える

いくら対策をしても、普段の生活習慣がシワを生んでいるのであれば、効果は半減してしまいます。

まずはしわの原因になる生活習慣を変えましょう。

  • 目や顔を触る癖があれば、触らないように気をつける
  • 目がかゆくてもこすらない
  • 目を細めて見ないようにする
  • PC・スマホを使いすぎないようにする、特に寝る前は控える
  • メイクする時に強い力を入れない

メイクする時は特に、アイライナーの硬さに気をつけてみて下さい。

硬すぎると力を入れないと描けないので、刺激になりがち。スルスル描けるものなら、目元への負担が軽くなります。

 

【目の下のしわを消す方法】クレンジング・洗顔を見直す

 

お湯が熱すぎたり、使っているアイテムの洗浄力が強すぎると、肌の潤いを奪い過ぎて乾燥してしまいます。

また洗う時にこすりすぎたり、ゴシゴシ拭いたりすると、肌への刺激になります。

ぬるま湯で優しく洗い、タオルで拭く時はポンポンと押さえるように水気を取りましょう。

アイメイクが落ちにくい場合は専用リムーバーを使うか、お湯で落ちるタイプのアイライナーやマスカラに変えるという手もあります。

 

【目の下のしわを消す方法】紫外線対策をする

 

夏だけでなく、季節を問わず紫外線は降り注いでいます。日焼け止めや下地など、UVカットアイテムは1年中使いましょう。

特に紫外線が強い夏場はサングラスも併用するのがオススメです。

色が濃い=UVカット率が高いというわけではないので、きちんと数値をチェックした上で選んで下さい。

紫外線によるコラーゲン減少対策として、サプリメントや食材で身体の中から補うのも良いですね。

 

【目の下のしわを消す方法】目の疲れをケアする

 

目が疲れたなと感じたら、蒸しタオルやアイマスクで温めて血行を促すのが効果的です。

使い捨てのもの、USB式のもの、レンジで温めるものなど、アイマスクの種類はたくさんあるので、自分の使いやすいもの・気持ち良いと感じるものを選びやすいですね。

ツボ押しも目の疲れに良いです。目頭のすぐ内側や、眉頭の端にあるくぼみが目の疲れに効くツボです。

同時に、疲れを予防することも大切です。

パソコンやスマホの画面の明るさを落としたり、長時間使用する時には遠くと近くを交互に10秒ずつ見ると疲れにくくなりますよ。

 

【目の下のしわを消す方法】筋肉をほぐす・鍛える

 

目を見開こうとした時に、おでこにシワが入っていませんか?

もしおでこにシワが入るようなら、眼輪筋ではなくおでこの筋肉で目を開けているということです。

眼輪筋を使えるように、トレーニングしてみましょう。

おでこを指で押さえて動かないようにした状態でまばたきをするだけでOKです。

また、おでこがこっていて目元にシワができることもあります。

クリームなどを塗った滑りの良い状態で、マッサージしてほぐしましょう。

【目の下のしわを消す方法】保湿する

 

乾燥が原因の小じわには、保湿が効果的です。

紫外線の影響で減少しやすいコラーゲン、年齢と共に減っていくセラミドを補えるコスメを使ってみましょう。

 

より積極的にケアするなら、シワ対策用のアイクリームがオススメ。

 

シワ対策のできる成分

ビタミンAの1種で肌にハリと弾力を与えてくれます。

ヒアルロン酸の生成を促して水分保持力を高める効果も。

効果が早く表れやすいですが、やや刺激が強い成分です。

 

ビタミンBの1種で、シワ改善だけでなく、肌荒れを予防したり、美白もできるマルチな成分です。

刺激が少なく敏感気味な肌でも使いやすい反面、効果が出るのもゆっくりめです。

 

紫外線や表情圧で炎症を起こすと、肌が傷と勘違いしてシワを作ってしまうのですが、その作用をブロックしてくれるのがニールワンです。

シワを改善する医薬部外品成分として、日本で初めて承認されたことで話題になっている成分です。

ニールワンはポーラが独自に開発した成分なので、ニールワンを含んだ化粧品はリンクルショット メディカルセラムだけ。

成分だけでなく、水を全く使わない処方で肌の水分で真皮に浸透するという世界唯一のシワ改善メカニズムを持った美容液です。



 

目の下のしわはひどくなると取り返しがつかない!早めのケアを心掛けよう

 

目の下のシワといっても、保湿すれば消える浅いものから、真皮にまで届くシワまで様々。

あまりにシワが深くなってしまうと、シワ改善コスメでも消すのは難しくなってしまいます。

 

気になり始めたら、早めにケアして若々しい目元を保ちましょう。

関連記事

  今ではすっかりベースメイクの定番となったBBクリーム。 簡単で時短になるところが支持されています。 元は韓国コスメとして広まりましたが、今は韓国ブランド以外からも多数発売されています。   […]

BBクリームとCCクリームの違い