結婚式のスピーチ代筆サービスのおすすめ!友人代表挨拶のマナーに困らない

 

結婚式に呼ばれた際に頼まれることがあるのが、友人代表のスピーチ。

 

 

特に仲の良かった人や、喋るのが上手な人はお願いされる率が高くなると思います。

 

 

慣れてくるとちょっとした笑い話を挟みながらできるようになります。

 

 

しかし初めての友人代表スピーチでは、なにを喋っていいのかわからないですよね?

 

 

特に結婚式というお祝いの場では忌み言葉と言われる、使ってはいけない言葉もあります。

 

 

スピーチの文章を考えるもの一苦労です。

 

 

そこで「結婚式のスピーチを頼まれたけど、どうしよう・・・」とお悩みのあなたにおすすめしたいのが、結婚式スピーチ代筆サービスです。

 

 

すべてを代筆できるサービスのほかにも、スピーチが正しい文章で作られているかを確認してくれる「添削コース」も用意されているので、あなたの考えた友人への言葉を不安なく伝えることができます。

 

「スピーチなんて、わからないから断ろう・・・」

 

 

そう思う前にぜひ結婚式スピーチ代筆サービスを使って、お祝いの言葉を贈ってあげてください。

 

  • 忙しくて時間が無くても安心
  • 何を話したらいいかわからなくても大丈夫
  • 即日納品可能
  • 何度でも修正OK
  • ウェディング専門ライターが代筆
  • どんな関係性の人でも作成可能
  • 添削だけの利用も可能

 

結婚式スピーチ代筆サービスとは?代表挨拶を頼まれたときにおすすめのサービス

 

結婚式にお呼ばれして、一緒に頼まれることがあるのがスピーチです。

 

 

私も数回だけお願いされたことがあるのですが、かなり緊張しますので話す挨拶内容は事前にしっかりと作りこんでおく必要があります。

 

しかし、友人代表挨拶で話す内容を考えるのも結構大変で、結婚式で行ってはいけない言葉「忌み言葉」というものもあり、仕事などで日々疲れている中スピーチ文章を考えるのは頭が痛くなります。

 

 

いったいどんな挨拶が正解なのかわからなくなるので、無難な挨拶を選んでしまったり、挨拶することを辞退したくなることもあるでしょう。

 

 

せっかくの友人代表挨拶をスマートに決めたいと思う気持ちは絶対にあるので、ぜひ「結婚式スピーチ代筆サービス」を利用して正しいお祝いの言葉を自信を持って贈れるようにしましょう。

 

 

【結婚式のスピーチ代筆サービス】作成代行コース

 

結婚式のスピーチ代筆サービスでは、経験豊富なウェディング専門のライターが心を込めた結婚式の文章を作ってくれます。

 

ウェディングライターとは、ブライダル関連企業にて数多くの結婚式を見てきた経験を生かした文章の作成をしてくれます。

「礼儀」「楽しさ」「誠実さ」「感動」などを込めて、あなたからのエピソードを基にスピーチを書きあげる、いわば結婚式のプロライターなのです。

 

ゆき
友人とのエピソードもしっかりとスピーチに入れてくれるよ!

 

【結婚式のスピーチ代筆サービス】文章添削コース

 

スピーチ代行執筆って心がこもってないんじゃないか?

そんな不安を持つ方もいるでしょう。

 

このサービスでは、ブライダル、ウェディング関連企業で数多くの結婚式をみてきた経験があるプロが執筆を行います。

「式の雰囲気をイメージしたスピーチ」で真心のこもった原稿を作成してるのですが「どうしても自分の言葉も入れたい!」

そんなあなたの願いもしっかりと対応してくれます。

 

あなたが下書きをした結婚式スピーチの台本を送信するだけで、間違っている言い回しや、文章としておかしな部分を訂正してより素晴らしいスピーチにしてくれるのが「文章添削サービス」なのです。

 

ゆき
値段も8,000円だし最終チェックに利用してみよう!

 

 

結婚式スピーチにおすすめの代筆サービスとは?友人代表挨拶に使われる実用例

 

結婚式のスピーチを頼まれたら、あなたはどんな内容が思い浮かびますか?

 

  • 新郎新婦との思い出の話し
  • ちょっと笑いを取る話し
  • 無難に3つの袋の話し

などありますが果たしてどれがいいだろうかと悩んでしまいます。

 

なにを話そうか悩んでいるときや、結婚式挨拶の下書き書いたけど文章の書き方が合ってるか不安な時にぜひ利用してほしいのが、結婚式スピーチ代筆サービスです。

 

 

結婚式の友人代表挨拶スピーチの例文について

 

友人代表のスピーチを頼まれたときの定例文です。

只今ご紹介いただきました、新婦友人の◆◆と申します。
○○さん、●●さん、本日はご結婚おめでとうございます!ご両家のお父様、お母様、ご親族の皆様方へも、心よりお慶びを申し上げます。お二人の新しい門出に当たり、親友へのメッセージにお祝いと感謝の気持を込めて、ひと言述べさせていただきたいと思います。新婦の●●さんと私は小学校の時からの友人で、中学時代までの9年間を、当たり前のように一緒に過ごしてきました。子供の頃の新婦は運動神経抜群で足が速く、負けず嫌いな性格も手伝ってでしょうか、成績も上々でした。そんな●●さんに憧れの気持ちを抱きつつ、私はいつも尊敬のまなざしで見つめていたものです。そして「コレ!」と決めたら、運動でも勉強でも生活の面でも、何事についても最後まできちんとやり抜くという力強さも持ち併せていました。けれどもその半面、女性らしい優しさがあふれ、甘えん坊で寂しがり屋という、男性なら思わず包み込んでしまいたくなるような可愛らしさが見え隠れしています。私は●●さんと一緒に青春時代を過ごす間に、「本気で人を愛する」ということを、彼女から自然に教わってきたような気がします。
また、新婦だけでなく、今日まで●●さんを深い愛情で大事に育んでこられたご両親のことも、私はとても尊敬しています。以前にはお宅へもよく遊びに行かせていただきましたが、いつでも明るく優しい笑顔で、誰よりも●●さんのことを想っている…いつもそんな風に感じていました。このように素適なご両親のもとで育った新婦であればこそ、ご主人やこれから生まれ来る子供たちへの愛情に満ちあふれ、家族の皆が心安らげる家庭を築いてくれると思っています。今まで私たちはお互い空気のように、当たり前の存在だったので、今日この日を迎えてはじめて、友人として付き合ってきた月日の長さに驚かされます。それぞれの高校に進学したあとも、私達の関係は変わることなく、いつ会っても気を使わずに何でも話せる仲でした。恋愛や将来について夜通し語り合ったり、数えきれないくらいカラオケへ通ったり…歌を唄い出せば、すぐに互いの思いが伝わってくるのは、今も変わりませんね。7年ほど前に私が上京してしまってからは、会う機会も少なくなってしまいましたが、上京の前日に●● さんが泣きながら私を見送ってくれたシーンは、今でも鮮明に胸の中に蘇ってきます。少しでも連絡がとれないと、「大丈夫かな、元気にしてるかな?」と、いつも気にかけていたものです。でもこれからは、〇〇ちゃんという優しいパートナーが●●さんを守ってくれるのだと思うと、安心感でいっぱいです。

新婦が生涯を共にする伴侶を迷わず決めることができたのも、きっと新郎の素晴らしい人柄がそうさせたのでしょうね。

この佳き日に真心を込めて、お二人へお祝いのメッセージを送れることをとても嬉しく思っています。

今はもちろんラブラブの二人ですが、これからは夫婦としての絆を大切に育みながら、どこよりも温かい家庭を作っていって下さいね。

また家族が増えていくたびに、今ある喜びや幸せが幾重にも広がっていくはずです。

赤ちゃんが生まれたら、一番に知らせて下さい。喜んで飛んでいきます!これからもずっーと仲良くしていってね。本日は本当におめでとう、いつまでもお幸せに!

 

あなたが自身で考えるにはなかなかハードルが高いですよね?

 

結婚式の友人代表スピーチは10分~15分ほどの時間がいいとされますので、文章にするとこのぐらいの量になってしまいます。

 

 

失敗しない結婚式のスピーチをするためにもプロの台本を用意することをおすすめします。

 

結婚式のスピーチで失敗しがちなこと!やってはいけない禁句やマナーとは?

 

結婚式のスピーチで失敗しがちなパターンとして禁句やマナー違反なことがあります。

 

友人の過去の暴露話をしすぎて会場をしらけさせてしまったり、部下の結婚式で会社の宣伝をしすぎてしまうことはマナー的にも悪いので気をつけましょう

 

 

そのほかにも、結婚式では禁句とされている「忌み言葉」などもあります。

 

 

あなた自身がスピーチ内容を考えているときには思いもよらないような文章に仕上がってしまうケースも少なくありません。

 

 

そのようなミスが起こらないためにも、客観的にスピーチ内容を見てくれるプロのブライダル専門ライターさんを通すことがスピーチで失敗しない大事な方法です。

 

 

【友人代表スピーチのマナー】行き過ぎた暴露話

 

これは結婚式でも多く見かける典型的なダメパターンです。

 

 

本人は面白いと思っていっているのでしょうが、結婚式を挙げるふたりや親族にとっては不快以外の何物でもありません。

 

 

内容として多いのが過去の異性関係についての暴露や犯罪行為などを自慢げに話すパターンです。

 

 

下手をすると結婚式自体をぶち壊しにしてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

ゆき
よくあるパターンだけど本当に嫌な人もいるから気をつけてね!

 

【上司・主賓代表スピーチのマナー】会社の宣伝

 

上司代表スピーチは、結婚式の主役たちとの会社での関係性にもよりますが、スピーチ内容が上手く思いつかずに会社の話しを多くしてしまいがちです。

 

 

お祝いの言葉を贈る場で、会社の宣伝をしては意味がありません。

 

上司としての威厳を保つためにも結婚式のマナーを守った上手なスピーチを用意しましょう。

 

 

ゆき
スピーチもスマートに決めるのがカッコいい上司だよね!

 

二人の幸せの門出!結婚式にふさわしいスピーチを用意してお祝いの言葉を贈ろう

 

結婚式のスピーチをお願いするのは、仲のいい友人や信頼のおける上司だからこそです。

 

 

頼まれたあなたは多少めんどくさいかもしれませんが、ふたりの幸せをお祝いするためにもその期待に応える素晴らしいスピーチをしましょう。

 

 

結婚式スピーチ代筆サービスではあなたの大切な人へのお祝いの言葉を考える手助けをしてくれるので、上手く利用して気持ちのいい言葉を贈りましょう。